top of page
  • yuzurihapaint

築20年経った方は注意してください!外壁塗装をすぐにするべき理由を解説します!

家の全体の雰囲気を決める外壁は、家の中でもメンテナンスが重要な箇所の1つです。 築20年ほど経過してもメンテナンスをしていない場合、悪影響が懸念されます。


そこで今回は、外壁塗装は築20年後には行うべき理由と、外壁塗装する際の判断基準や耐用年数の延ばし方を紹介します。



□築20年経過したら外壁塗装するべき理由!


築20年経過したら外壁塗装を必ずするべきと言われていますが、その理由について5つ解説します。


1つ目に、塗料の耐用年数が10年ほどであることが多いためです。 よく使用される塗料の耐用年数は10年程度であることが多いです。 中には、フッ素塗料や無機塗料という15年から25年ほどの耐用年数を誇る塗料もありますが、新築の場合は耐用年数が10年ほどの塗料を使う場合がほとんどです。


どの塗料を使用しているか、建築を依頼した業者に聞いておくことをおすすめします。


2つ目に、雨漏りや害虫により建物の寿命が減少するためです。 一般的な外壁には防水性がないため、外壁塗装によって防水性を追加しています。 もし塗料の耐用年数を過ぎてしまって塗装が剥がれてしまった場合、防水性が著しく低下してしまいます。


防水性の低下は、雨漏りを発生させたり、木材の腐食やシロアリの害虫被害を引き起こしたりします。


3つ目に、大規模工事が必要になる可能性があるためです。 雨漏りや害虫などの被害を受けない間に外壁塗装する場合、塗装工事だけで完結します。


しかし、雨漏りや害虫などの被害が発生してから工事する場合、外壁塗装ではなく外壁の張替え工事が必要になる可能性があり、費用や工事期間がかかってしまいます。


4つ目に、見た目が悪く見えるためです。 前回の塗装から時間が経過するほど、塗装が剥がれていたり汚れが付いていたりするため、見た目が悪くなります。


5つ目に、資産価値が下がるためです。 建物の寿命の減少や工事の必要性の増加、見た目の悪化は、資産価値の低下につながります。



□外壁塗装をするべきか判断する方法は?


塗料によって耐用年数が異なるため、時間の経過によって塗装のタイミングを決めることは難しいです。


しかし、時間の経過で発生しやすい症状を4つ紹介するため、同様の症状を見つけた場合はすぐに相談してください。


*ひび割れや反りの発生


ひび割れは地震による振動が原因となることがありますが、多くの場合、外壁の乾燥と水分の吸収による収縮と膨張が原因です。 収縮と膨張が繰り返されることにより、外壁材が引っ張られ、ひび割れが発生します。


ひび割れの幅が3ミリ以下の場合はヘアクラックと呼ばれ、簡単に修復できます。


しかし、ひび割れの幅が3ミリ以上になると、構造クラックに該当し、外壁塗装のみでは補修できないため注意してください。


また、収縮と膨張の繰り返しで反りや浮きも発生します。 メンテナンスをしていない場合、反りや浮きが発生しやすく、放置していると雨漏りの被害が発生します。


*チョーキング現象


チョーキング現象とは、時間経過により外壁の塗料の素材が分解され、塗装が剥がれ落ちる現象のことです。 もし手で触って粉が付いた場合はチョーキング現象が発生しているため、塗装の目安になります。


*コケやカビなどの発生


時間経過し、塗装の本来の効果を持たない外壁では防水性が減少します。 防水性がない外壁は雨水や湿気による影響を受けやすいため、コケやカビが発生しやすいです。


コケが発生すると、外観が悪化するほか、外壁自体をもろくさせ、ひび割れや反りを誘発させます。


*色褪せの発生


外壁の色褪せは、塗料に含まれる顔料が紫外線と反応し起こります。 また、塗装が剥げた場合にも色褪せが起こるため、塗装時期の目安にしてください。



□外壁塗装の耐用年数の延ばし方を紹介します!


外壁塗装は定期的なメンテナンスが必要なため、できるだけメンテナンスの周期を延ばしたいですよね。 ここでは、耐用年数の延ばし方を2つ紹介します。


1つ目に、外壁を洗浄することです。 外壁は、埃やカビ、コケ、チリが堆積することで、外壁の劣化を促進させます。 そのため、これらの付着物を洗浄することで、耐用年数を延ばせます。


また、高圧洗浄機を使うと塗装を剥がしたり、外壁を傷めたりするため注意してください。


2つ目に、グレードの高い塗料を使うことです。 塗装する時に耐用年数が長い塗料を使うことで、メンテナンスの周期を引き延ばせます。 もし耐用年数の長い塗料を使っていても、外壁自体が劣化していたら意味がないため、外壁自体の耐用年数にも気をつけてください。



□まとめ


今回は、築20年経過したら外壁塗装をするべき理由と、塗装する判断基準、耐用年数の延ばし方を紹介しました。


外壁塗装の耐用年数を過ぎてもメンテナンスしない場合、外観の悪化に加え、建物自体に悪影響を与えます。 これらの悪影響が出る前に補修時期の判断をするため、ひび割れやチョーキング減少が発生していないか確認しましょう。


また、外壁を洗浄したり、グレードの高い塗料を使ったりすることでメンテナンスの頻度を減らせます。


なにか不明な点がある場合や依頼がある場合は、お気軽にご相談ください。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

雨戸にも塗装が必要なことを知っていますか?雨戸の知識とおすすめの色を紹介します!

家のイメージを決める外壁や屋根の塗装については、とても悩む方が多いでしょう。 しかし、外壁や屋根以外にも塗装が必要な箇所があり、そのうちの1つが雨戸です。 雨戸は機能面でも重要な役割を果たす上に、色の選択に失敗すると家のイメージに違和感を与えます。 そこで今回は、雨戸の基本知識から、塗装の手順、雨戸におすすめの塗料と色を紹介します。 □雨戸を塗装する前に!基本の知識を紹介します 雨戸を塗装する前に

白い外壁の方は要注意!汚れの原因と綺麗に保つ方法を紹介します!

「上品でおしゃれな家」と聞くと、どのような色のお家を思い浮かべますか。 多くの方は白と答えるのではないでしょうか。 それほどまでに、白が持つイメージはポジティブで、白い外壁のお家に憧れる方は多いのです。 しかし、白は汚れやすいから避けた方が良い、ともいわれています。 そこで今回は、白い外壁の魅力にあわせて、外壁が汚れる原因と綺麗に保つポイントを紹介します。 □白の外壁の魅力をご紹介! 白い外壁のお

雨樋にも塗装は必要です!塗装の効果や手順もご紹介

塗装と聞くと、一般的には外壁や屋根の塗装を思い浮かべる方が多いでしょう。 しかし、外壁や屋根以外にも塗装が必要な箇所は多くあります。 雨樋もそのうちの1つで、屋根の上から流れてくる雨水を受け、地上まで運ぶための重要な設備です。 そこで今回は、雨樋を塗装する目的と効果、手順や注意点を紹介します。 □雨樋を塗装する目的は? *雨樋塗装の目的 外壁塗装や屋根塗装を依頼する際、雨樋の塗装もすると費用が抑え

Comentários


bottom of page