top of page
  • yuzurihapaint

白い外壁の方は要注意!汚れの原因と綺麗に保つ方法を紹介します!

「上品でおしゃれな家」と聞くと、どのような色のお家を思い浮かべますか。 多くの方は白と答えるのではないでしょうか。 それほどまでに、白が持つイメージはポジティブで、白い外壁のお家に憧れる方は多いのです。


しかし、白は汚れやすいから避けた方が良い、ともいわれています。


そこで今回は、白い外壁の魅力にあわせて、外壁が汚れる原因と綺麗に保つポイントを紹介します。


□白の外壁の魅力をご紹介!


白い外壁のお家は、おしゃれな雰囲気が漂っていて魅力的ですよね。 ここでは、そんな白い外壁の魅力を4つ紹介します。


1.爽やかで明るい雰囲気


白い外壁にする人は、白色が持つ上品で美しいイメージに魅力を感じる方が多いです。 一般的に、白はストレスを感じさせない色といわれており、爽やかな印象もあります。 もちろん、黒い外壁も高級感や重厚感を感じられますが、暗い印象を与えかねません。 そのため、「おしゃれで明るい雰囲気のお家を作りたい」という方には白い外壁をおすすめします。


2.白い汚れが目立ちにくい


汚れと聞くと、黒や茶色の汚れをイメージするため、黒や茶色の外壁の方が良いと思われる方もいらっしゃるでしょう。


しかし、実際には白い汚れも多くあり、白い外壁の方が汚れが目立たないというケースもあるのです。


3.お家が大きく見える


膨張色や収縮色といった言葉を聞いたことがありますか。 膨張色は物を大きく見せる効果のある色で、赤色や黄色、白色が該当します。 収縮色は物を小さく見せる効果のある色で、青色や水色、黒が該当します。 この視覚効果は家の外壁にも当てはめられ、白い外壁はお家を大きく見せる効果があるのです。


そのため、外壁を白色にすると家全体が大きく広々とした印象を与えられます。


4.室温が伝わりにくい


白は光を反射するため、熱がこもりにくく室温が上昇しにくいのです。 兵庫県は全国的にも年間平均気温が高い地域のため、外壁を白にすることで快適な夏を過ごせます。


□外壁はなんで汚れるの?


先ほど紹介したように、白い外壁は汚れが目立ちやすいと感じている方は多いでしょう。 そこで、外壁の汚れを詳しく知ることで、対策できるようにしましょう。


外壁の汚れで特に汚いと感じられるものは、色あせ、コケやカビ、雨だれが挙げられます。


*色あせや変色について


外壁の汚れでも、特に汚いと感じられる汚れは「色あせや変色」です。 色あせや変色が起きる主な原因として、チョーキング現象があります。


チョーキング現象とは、古い塗膜が劣化して白い粉が浮き出てくる現象です。 色あせや変色は、この白い粉と外壁の色が混ざって起こるため、白い外壁の場合は色あせや変色による汚れは目立たないでしょう。


*コケやカビについて


コケやカビが発生する主な原因として、温度と湿度が挙げられます。 太陽光が当たらなく風通しが悪い箇所を好むため、建物の北側や、表面がザラザラした外壁に発生します。


コケやカビは、緑色であったり黒色であったりするため、白い外壁の場合は汚れが目立ってしまいます。


ザラザラした外壁だと、水が溜まりやすくコケやカビが生えやすいため、ツルツルした外壁にすることで、コケやカビの発生を抑えられます。 また、塗料の種類によってはコケやカビの発生を抑制できるため、コケやカビで悩んでいる方は当社にご相談ください。


*外壁の雨だれについて


雨だれは、窓やサッシの下部に水が流れ、そこに汚れが付着することで発生します。 水切れが良いお家には雨だれはつかないため、確認してみてください。 万が一水きれが悪い場合には、ズレの調整や補修を検討するべきでしょう。


□白の外壁を綺麗に保つには!


前項では外壁が汚れる原因を紹介しましたが、白い外壁は美しく保ちたいですよね。 ここでは、外壁を綺麗に保つ方法を4つ紹介します。


1.定期的な洗浄やメンテナンスを行う


綺麗な外壁を保つには、こまめな清掃が必要です。 外壁に汚れがついてしまっても、軽度の汚れであれば自分で掃除できます。 インターネットでブラシや洗浄液が簡単に手に入れられるため、定期的なメンテナンスもハードルは高くないでしょう。


2.防汚性に優れている塗料で外壁塗装する


外壁を汚れから守るには、外壁塗装が大きな役目を果たします。 特に汚れが気になる方であれば、防汚性に優れた塗料を選ぶことで汚れがつきにくくなります。


3.真っ白ではなく少し色味がある塗料を選ぶ


真っ白な外壁の場合、黒の汚れが目立ちやすく、虫も近寄ってきます。 ベージュやグレーなど、くすみがかかった色であれば柔らかい雰囲気になることに加え、汚れが目立ちにくくなります。

雨水が直接当たらない工夫をする

雨だれは、窓やサッシから流れる雨水によって発生することを解説しましたが、雨だれを防ぐには雨水が直接壁に当たらないようにすることが大切です。 具体的には、軒を付けたり、部分的にカバーを付けたりするといった工夫ですが、汚れを防ぐには大切な工夫です。


□まとめ


白い外壁は、明るい雰囲気を演出したり、広いお家のイメージを持たせたりするため、多くの方が憧れる色でしょう。

しかし、コケやカビ、雨だれによって魅力的な白が汚れてしまっては残念です。 今回の記事を参考にして、白い外壁を綺麗に保ってくださいね。


当社は、塗装を専門とした会社です。 工事品質の満足度は全国でもトップクラスです。 外壁塗装・屋根塗装を検討されている方は、ぜひ当社にご相談ください。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

雨戸にも塗装が必要なことを知っていますか?雨戸の知識とおすすめの色を紹介します!

家のイメージを決める外壁や屋根の塗装については、とても悩む方が多いでしょう。 しかし、外壁や屋根以外にも塗装が必要な箇所があり、そのうちの1つが雨戸です。 雨戸は機能面でも重要な役割を果たす上に、色の選択に失敗すると家のイメージに違和感を与えます。 そこで今回は、雨戸の基本知識から、塗装の手順、雨戸におすすめの塗料と色を紹介します。 □雨戸を塗装する前に!基本の知識を紹介します 雨戸を塗装する前に

雨樋にも塗装は必要です!塗装の効果や手順もご紹介

塗装と聞くと、一般的には外壁や屋根の塗装を思い浮かべる方が多いでしょう。 しかし、外壁や屋根以外にも塗装が必要な箇所は多くあります。 雨樋もそのうちの1つで、屋根の上から流れてくる雨水を受け、地上まで運ぶための重要な設備です。 そこで今回は、雨樋を塗装する目的と効果、手順や注意点を紹介します。 □雨樋を塗装する目的は? *雨樋塗装の目的 外壁塗装や屋根塗装を依頼する際、雨樋の塗装もすると費用が抑え

外壁塗装をする際は考えてみてください!雨戸の塗装も必要です!

家の雰囲気を決めるための大きな要素を占める外壁は、多くの方がメンテナンスをしており、気にかけているでしょう。 しかし、雨戸にも塗装が必要であり、外壁塗装の際に一緒に塗装することがおすすめです。 今回は、雨戸に塗装が必要な理由と塗装の手順を紹介します。 □雨戸に外壁塗装が必要な理由は? 外壁と同様に、雨戸も塗装が剥がれると本来の効果を発揮できません。 雨戸に塗装する効果として、主に2つの理由がありま

Comments


bottom of page