top of page
  • yuzurihapaint

外壁塗装をする際は考えてみてください!雨戸の塗装も必要です!

家の雰囲気を決めるための大きな要素を占める外壁は、多くの方がメンテナンスをしており、気にかけているでしょう。


しかし、雨戸にも塗装が必要であり、外壁塗装の際に一緒に塗装することがおすすめです。 今回は、雨戸に塗装が必要な理由と塗装の手順を紹介します。



□雨戸に外壁塗装が必要な理由は?


外壁と同様に、雨戸も塗装が剥がれると本来の効果を発揮できません。 雨戸に塗装する効果として、主に2つの理由があります。


1つ目に、外的環境から家を守るためです。 雨戸が雨や紫外線に直接晒されることでダメージが蓄積し、劣化してしまいます。 塗装をすることで、太陽光を反射したり、紫外線を吸収したりし、寿命を伸ばします。


2つ目に、家の外観を美しく保つためです。 家の外観は、屋根や外壁はもちろん、雨戸にも左右されます。 雨戸以外が綺麗であっても、雨戸が錆びていたり、色が剥げていたりしたら雰囲気が悪くなってしまいます。


そのため、定期的な塗装で外観の綺麗さを保てます。 外壁塗装を行うときは、雨戸の塗装も同時に検討しましょう。



□雨戸にはどうやって塗装するの?


雨戸の塗装は、外壁を塗装する際と同様にたくさんの工程があります。 ここでは、4ステップにわけて紹介します。


1ステップ目に、洗浄・下地処理です。 塗装の第1段階では、雨戸を高圧洗浄で洗います。 塗装前に雨戸に付いている汚れや埃を落とさないと、塗装の品質が落ちてしまいます。


また、雨戸が錆びている場合や、以前の塗装が残っている場合、ペーパーでケレン作業をしないといけません。 ケレン作業を行うことで、雨戸の表面を均一にできるため、塗装が綺麗に施せます。


塗装に直接的な影響は出ないですが、洗浄と下地処理を丁寧にすることで塗装の仕上がりが向上します。


2ステップ目に、養生です。 洗浄や下地処理の後には、養生をします。 養生は、塗装しない部分に塗料が付くことを防ぐための作業です。 基本的に、雨戸のパネルのみに塗装するため、窓ガラスやサッシに養生することになります。


3ステップ目に、塗りの工程です。 雨戸の塗装は、外壁の塗装と同様に、塗料を3回塗ることが一般的です。


最初に行われる下塗りは、雨戸が錆びるのを防ぐために行われます。 そのため、サビが発生していない場合、下塗りを省き、中塗りを最初にすることもあります。


次段階に行われるのが中塗りです。 中塗りは、雨戸に選んだ色を塗装する作業です。

最後に行われる上塗りと同じ色が塗られます。


最後に行われるのが上塗りです。 上塗りによって塗装が完成するため、一番大事な作業になります。 上塗りは中塗りと同じ色を用います。


4ステップ目に、養生シートを剥がします。 上塗りをし、塗料が乾燥したら養生シートを剥がします。 乾燥しない状態でシートを剥がした場合、塗料が雨戸以外に付着することがありますが、完全に乾燥しきった後でも養生シートが剥がれにくいです。


そのため、塗料が乾燥しきる前に養生シートを剥がさなければいけません。



□雨戸を塗装する際の注意点をご紹介!


雨戸を塗装する際には、注意点を予め知っておかないと、塗装が失敗してしまう可能性があります。 ここでは、雨戸を塗装する際の注意点を3つ紹介します。


1つ目に、塗装が必要ない素材もあることです。 雨戸の塗装が必要な素材として、スチールや木材、塩ビ鋼板が挙げられますが、これらの素材はサビが発生しやすく、塗装が剥げやすいです。


逆に、アルミやステンレス、銅でできている雨戸の場合は、基本的に塗装が必要ありません。 これらの素材は、サビが発生しにくかったり塗装が長持ちしたりするため、塗装すると逆に見栄えが悪くなる可能性があります。


塗装が必要な素材と不要な素材の見分け方として、磁石が付けば塗装必要、磁石が付かなければ塗装不要と覚えると良いでしょう。


2つ目に、塗装前に下地処理をすることです。 先ほど雨戸を塗装する工程でも紹介しましたが、下地処理は雨戸塗装の仕上がりを左右する工程の1つです。 下地がガタガタのままだと塗料が剥がれ落ちやすくなるため、下地を滑らかにする必要があります。


特に、サビや塗装の剥がれがある部分はケレン作業で滑らかにしてください。


3つ目に、劣化具合によっては交換をすることです。 塗装の目的は現状の維持です。 そのため、劣化具合が激しい雨戸を直すことは不可能であり、サビの箇所が多かったり、木材が膨れ上がっていたり、破損していたりする場合には雨戸の交換をするべきでしょう。



□まとめ


今回は、雨戸にも塗装が必要な理由と塗装の手順、塗装の際の注意点を紹介しました。


雨戸にも塗装が必要な理由として、外的環境から家を守ったり、外観を綺麗に保ったりすることが挙げられます。 また、雨戸の塗装は、塗りの工程の前に行われる洗浄や下地処理が重要であり、仕上がりを左右します。


外壁塗装・雨戸塗装についての疑問点は、ぜひ一度当社にお問い合わせください。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

雨戸にも塗装が必要なことを知っていますか?雨戸の知識とおすすめの色を紹介します!

家のイメージを決める外壁や屋根の塗装については、とても悩む方が多いでしょう。 しかし、外壁や屋根以外にも塗装が必要な箇所があり、そのうちの1つが雨戸です。 雨戸は機能面でも重要な役割を果たす上に、色の選択に失敗すると家のイメージに違和感を与えます。 そこで今回は、雨戸の基本知識から、塗装の手順、雨戸におすすめの塗料と色を紹介します。 □雨戸を塗装する前に!基本の知識を紹介します 雨戸を塗装する前に

白い外壁の方は要注意!汚れの原因と綺麗に保つ方法を紹介します!

「上品でおしゃれな家」と聞くと、どのような色のお家を思い浮かべますか。 多くの方は白と答えるのではないでしょうか。 それほどまでに、白が持つイメージはポジティブで、白い外壁のお家に憧れる方は多いのです。 しかし、白は汚れやすいから避けた方が良い、ともいわれています。 そこで今回は、白い外壁の魅力にあわせて、外壁が汚れる原因と綺麗に保つポイントを紹介します。 □白の外壁の魅力をご紹介! 白い外壁のお

雨樋にも塗装は必要です!塗装の効果や手順もご紹介

塗装と聞くと、一般的には外壁や屋根の塗装を思い浮かべる方が多いでしょう。 しかし、外壁や屋根以外にも塗装が必要な箇所は多くあります。 雨樋もそのうちの1つで、屋根の上から流れてくる雨水を受け、地上まで運ぶための重要な設備です。 そこで今回は、雨樋を塗装する目的と効果、手順や注意点を紹介します。 □雨樋を塗装する目的は? *雨樋塗装の目的 外壁塗装や屋根塗装を依頼する際、雨樋の塗装もすると費用が抑え

コメント


bottom of page